@節約トップ > 買い物の節約 >家電を安く買う・準備編

家電を安く買う・準備編

まずは徹底的に調べる!

情報を仕入れる

まずパンフレットや企業のサイトで性能や大きさなどをチェックしてめぼしをつけます。
それから、価格コム 楽天市場 のクチコミも参考にしましょう。

意外と壊れやすいとか、使いにくいとか欠点もよくわかります。

価格が安くなっている旧モデルも視野に入れて考えてみましょう。
自分にとって使える機能がついていれば最新版にこだわる必要はありませんよね♪

見に行ってみる

出来れば実際に見に行ってみて、店員に聞いてみたり実際さわってみるといいでしょう。

食器洗浄器を買い換えるとき、はじめは塩で洗えて節水効果抜群というシャープの製品を買おうと思っていたのですが、結局は使いやすく節水効果もあり大きめの鍋も入るということで、売れ筋NO1のTOTOの商品を選びました。

毎日使うものだから、機能だけじゃなくて使いやすさも大事です!!
あ、もちろん値段もね。

ネットでも価格をチェック

実店舗に加えて価格コム 楽天市場Yahoo!オークションYahoo!ショッピングで値段を比較します。
その際、ポイントや送料などもすべて考慮に入れるのを忘れずに。

実店舗で買うよりかなり安い場合が多いです。
あとは、値段の差・保証などによってどこで買うか決定しましょう。

家電が安くなる時期って?

miyuが実践したわけではないのですが、3月・9月が決算なので目標額を達成するため思い切った値引きをしてくれるらしいです。

それから、ニューモデルが出たあとは当然旧モデルは安くなります。

miyuの経験では、新モデルが出る前も安いような気がします。
欲しかった冷蔵庫が安くなっていたから買ったら、すぐに新モデルが発売されていました。
これは狙うのが難しいかもしれませんが・・・。

省電力タイプを狙え

また、家電を購入するときは省電力タイプのものがいいです。
はじめは少し高くてもあとあと節約になることが多いです(計算してみましょう)

特にクーラーは値段が高いほど省電力で、ランニングコストが安くなる傾向があります。
たくさん使う部屋→高い省電力タイプ
あまり使わない部屋→安いタイプ

上のように設置するなど、いろいろ考えられますね!



@節約TOPへ戻る | このページのTOPへ戻る

買い物の節約 本当に必要ですか?
買い物の節約
お勧めのクレジットカード
家具を安く買う
家電を安く買う・準備編
家電を安く買う・お店編
PB(プライベートブランド)って
本を安く買う方法

Copyright © 2004-2005 @節約 all rights reserved.