@節約トップ > 食費の節約 > 発芽玄米の作り方

発芽玄米の作り方

買ったら高いけど、作るとやっぱり安い

玄米は健康にいいから、なるべく取り入れたい。
でも普通の玄米は炊飯器で炊けないし、炊飯器で炊ける発芽玄米はなんにせよ高い!

発芽玄米が高いなら、自分で作りましょう♪

たとえば、ファンケルの発芽玄米を20kg(8kgx2+4kg)購入すると・・・→18,270円
下でおすすめしている無農薬の玄米を20kg買って自分で発芽させると→9,429円
約半額で作れちゃうんです。

作り方は結構簡単です。
玄米を買ってきて、自分で発芽させてやればいいんです。
少しづつ発芽していくところを見ると、お米が生きてるっていうのを実感できますよ( ^ー゜)b

発芽玄米の作り方

  1. まず、玄米を購入。
  2. 玄米を研ぐというか洗って、バットやボールなどの容器に入れる。なるべく広くて浅い容器がいいです。
  3. 容器の中に、ひたひたよりちょっと少なめ(お米の頭がほんのちょっと水から出るくらいかな?)ぐらいになるまで30度くらいのぬるま湯または水を入れる※あんまり暑いお湯はNG
  4. 上にタオルなどをかけておき、最低8時間ぐらいごとに湯(水)を取り替える。このとき、空気を入れることが重要なのでラップなどは絶対かけないように。
  5. 少しづつお米から芽が出てきます。0.5mm〜1mmぐらい出たところで完成。軽く洗ってから炊飯器で普通に炊いてください。
以上、大体1日くらいで出来ます。水で作ったり、寒い時期は2日くらいかかるかも。
発芽し始めると水が濁ってきて臭くなりやすいので注意。
水の取替えを8時間ごとにすると、(残業がなければ)勤めていても作れます。

夏場はこまめに水を取り替えた方がいいと思います。
暑い時期にあまり水を頻繁に取り替えられないときは冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。

冷蔵庫に入れると外見上あまり発芽しているように見えないのですが、調べたところちゃんと発芽しているようです。一応家の炊飯器で炊くことができました。

ちょっとした条件で発芽状態は変わってくるので、いろいろ試してみてください。

玄米購入の注意点

農薬などの薬物は、お米の外にたまります。
っていうことは、発芽玄米を食べると農薬のたまる部分も食べることになります。
これでは健康どころじゃないので、なるべく無農薬・減農薬のものを選んでください。
(miyuが手軽に購入できる発芽玄米を勧めない理由のひとつには、農薬がどれだけ使われている)かわからないということもあるんですよ)

そこでmiyuがおすすめするのはネット通販です。
産地などの情報や、お客様の声などが見れるから安心だし、配達してもらえるから重いお米を持ち帰らなくていいのもうれしいです。
それに、値段を比べるとネットで購入する方が割安ですから
 
うたたねの里生まれの「無農薬で作った米」20kg【送料無料】ランキング市場で何度も1位を獲った... うたたねの里生まれの「無農薬で作った米」20kg【送料無料】
ランキング市場で何度も1位を獲ったお米です。
お米マイスターが選んだお米だから味は保証ずみ、無農薬で安全な割に安い。
20kgで送料込み9,429円 です。(1kg単位でも買えますよ)




@節約TOPへ戻る | このページのTOPへ戻る

食費の節約 食費を安く
冷蔵不要のものたち
発芽玄米の作り方

便利グッズ
マイコン発芽玄米器
5135:マイコン発芽玄米器HP-30『発芽美人』おかゆ鍋の機能付き!
送料込み特価19,800円
自動で発芽玄米ができます。
ずっと続けるならどうぞ。
発芽玄米を購入し続けるより、結局は安上がりです。


Copyright © 2004-2005 @節約 all rights reserved.