<こ>
@節約トップ > お葬式の節約 > 戒名って必要なの?
<こ>

戒名って必要なの?

戒名ってナニ?

※法名、戒名、法号など宗派によって名前が違いますがここでは戒名に統一します。
戒名は人が仏教徒になったときにつけられる名前のことです。
亡くなったときに人は仏門に入るので戒名が必要になるというわけです。

戒名は遺骨を埋葬するお寺につけてもらいます。

戒名って必要なの?

お寺に埋葬するときは必要です。
菩提寺(=先祖代々の墓がある寺院)がある場合はそこに入ることになるので、自分の意思で戒名をつけないという選択はできません。
他にお墓を買えば別ですけど・・・。

逆に言えば、それ以外の市営の墓地などに埋葬するときは必要ないってことですね。
その場合は、葬儀屋に俗名(生きているときの名前)でお願いしますと頼むことになります。

※自分の場合は遺言に「戒名いらない」と一筆書いておけばいいです。
自分以外の人だったら、なるべく故人の意思を尊重してくださいね!

戒名はなんでこんなに高いの?

信士・信女で30万円から。院居士・院大姉クラスになると100万円以上なんて言われています。
※お寺によっては無料や格安でつけてくれるところもあります。
戒名なんて6万円のパソコンソフトでも(※トリビアでやっていた)つけられますから、それだけで何十万〜何百万ももとるのはおかしい気がしますね。

理由はというと、昔はお寺にも檀家が多くてお布施をたくさん貰っていたので収入源の確保ができたのですが、最近は檀家がいなくなってきています。
そこで、戒名の料金をお寺の維持費にしているんです。

miyu流に解釈すれば、お墓に入るときの入会金の一種みたいなものだと考えています。
居酒屋に入って、お通しいらないからお金返してとか言えないでしょ?そんな感じで。

信仰心が強いかお金のある方以外なら、一番安いものでいいと思います。
お寺の方とよく相談してください。

生前戒名って何?

現在は亡くなってからつけていますが、もともと戒名っていうのは生前につけられるものです。
生前にお寺で修行をしたりお布施をしたりすれば戒名が受けられる場合もあります。

ただ、気をつけてほしいのが「生前戒名つけます」って宣伝している業者です。
生前に格安で戒名をつけられると一部で話題になったのですが、戒名は宗派によって違うものなので知らずにつけると無駄になります。

寺院墓地以外に入る場合で、どうしても戒名が欲しい場合はいいかもしれませんが・・・。



@節約TOPへ戻る | このページのTOPへ戻る

冠婚葬祭の節約 結婚式の節約・収支表
誰のための結婚式?
結婚式の節約・婚約編
ウェディングプラン編
衣装の節約
装花・ブーケの節約
新婚旅行の節約
都民共済・県民共済
引き出物の節約


<こ>
Copyright © 2004-2005 @節約 all rights reserved.