@節約トップ > 車の節約 > 自動車保険の見直し

自動車保険の見直し

自動車保険を安くするコツ

車両保険を最低限に

車両保険は、自分の車を傷つけてしまったときの保証。
この分の保険料はかなり高いんです。
だからこそ、少し削っただけで保険料がぐっと安くなります。

免責金額を高くする

例として免責金額を10万円に設定しておいた場合を考えてみます。

実は互いに過失がある場合、相手から支払われる保険金は免責になるんです。

たとえば、自動車同士の事故で自分の車に30万円の損害があったとします。
過失割合が5-5だとすると、相手の対物保険から15万円が支払われるので、自己負担は0になります。
8-2で自分のほうが悪い場合でも相手の保険から 6万円支払われるので自己負担は4万円です。

それから、自損事故の場合です。

修理代金30万円なら保険会社からは20万円が支払われて 10万円が自己負担することになります。
修理代金が5万円なら全て自分負担。

ここで、よーく考えてみてください。

事故を起こして保険を使うと、翌年は3等級のダウン。
つまり、保険料の額がぐっと上がってしまうんです。
だから、ささいな傷は直さずにそのまま乗るっていう人も多いんじゃないでしょうか?

miyu家の車にもちょっとした傷が2つありますけど、(推定修理金額4万円+5万円)はそのまま直さずに乗っています。

エコノミー・A特約って何?
「一般車両保険」は単独自損事故や当て逃げ、盗難による被害など全ての損害をカバーしているのに対して、「エコノミー」は、自動車同士の事故による損害だけを保証。
「エコノミー+A特約」は、一般車両保険の内容から自損事故と当て逃げを省いたものです。

新車の場合は一般にしておいて翌年はエコノミー+A特約など、車の状態や価格・保険料の違いを考えて決めるといいかも。

自動車保険で損してませんか?

今入っている自動車保険、毎年いくらかかってますか?
横並びだった昔と違って、今は保険会社によって大幅に金額が違うんです。
ガソリン代が不当に高くなっている今、他のところで節約しないとです。

WEB上から保険会社に一括で無料見積もりできるサイトがあるので、それを利用すると簡単に比べられます。
試しに見積もりを取ってみたんですが、各社で4万円の幅がありました。
年間で4万円も違えば、浮いたお金で毎年旅行に行けるくらいの違いがありますね。

はじめは見積もりをすると勧誘電話などがあるんじゃないかと思ってどきどきしていたのですが、結局しつこい勧誘はどこからもありませんでしたよ。

▼おすすめ自動車保険一括見積もりサイト
【無料】自動車保険一括見積もり インズウェブ なるべく多くの会社に一括見積もりしたほうが手間が省けるので、ここで見積もりをしました。
ここは業界最大20社に一括請求してくれます。
見積もりした後に1000円の商品券をプレゼントしてくれるのもGOOD(見積もりするだけで貰えますヨ)
「価格.com自動車保険」無料一括見積! 価格比較といえばこのサイトも。



@節約TOPへ戻る | このページのTOPへ戻る

車の節約 自動車保険の見直し
ガソリン代の節約
ガソリンカードの比較
車検費用の節約
洗車の節約
駐車場の節約
高速料金の節約
JAF同等サービスが無料?
自動車を持たないで節約
ハイオクくんの効果

Copyright © 2004-2005 @節約 all rights reserved.