@節約トップ > 通信費の節約 > メタルプラスのメリット、デメリット

メタルプラスのメリット、デメリット

メタルプラスって何?

直収電話のことです。(マイラインとは違います)
かいつまんでいうと、電話するときにNTTを経由しないのでNTTの電話加入権がいらなくなる→安くなるんです。

ネットで調べたのと、同種サービスのCHOKKA(現在は終了)に加入したポムさんからの情報提供などから、通話などの音質はほとんど問題ないようです。
※ただし、NTTの基地局から遠いと通話品質が下がる場合もあるようです。
詳しくはKDDIメタルプラスにお問い合わせください。

FAXはほとんどの機種が使えるし、119・110番などにもかけられます。
電話番号も変わりません。

同種の直収電話におとくラインがあり、通話料・基本料ともにメタルプラスとほぼ同じです。

メタルプラスのメリット

メタルプラスのメリットは、なんといっても基本料金や通話料が安いことです。
まず基本料金が月々300円程度安くなりますし、通話料金も割安になります。
更に携帯電話にAUを使っていると、自宅への電話料金が半額になったり、請求書がまとまって100円引きになるという嬉しいサービスも。
固定電話の加入権を持っていない場合でもメタルプラスなら使えます。

それから電話料金がクレジットカードで払えることも、ちょっと嬉しいですね。
(ポイントを貯められるので。お勧めのクレジットカードはこちら)

メタルプラスのデメリット

インターネットにADSLを使っている場合、基本的にはプロバイダがKDDI指定になります。
(電話して聞いてみたところ、KDDIじゃなくても使えるケースもあるそうですが・・・?)
今は安いADSLがあるので、それを考えると逆に月々の料金がちょっと高くなる場合もあります。
本サイト「安いプロバイダはどこ」も参考にしてくださいね^^

また、NTTの「キャッチホン2」や「ネームディスプレイ」のようなサービスはありません。
引越しのときの手続きもちょっと面倒なようです。

こんな方がメタルプラスに向いている

家でインターネットをしないか月3000円以上のADSLを使っている・またはKDDIのADSLを使っている、もしくはCATV(ケーブルテレビ)などでインターネットを使用している方は向いているといえます。
電話をメタルプラスに変えるだけで、かなりの節約になります。
ただし、安いプロバイダに乗り換えたほうが安い場合もありますので、比較してみてくださいね。

KDDIメタルプラス




@節約TOPへ戻る | このページのTOPへ戻る

通信費の節約 携帯電話の節約
メタルプラスのメリット、デメリット
パケット代の節約
電話料金の節約
安いプロバイダはどこ?
郵便・宅配便の節約
スカイプで電話料金節約
ただTELで電話料金節約
ウィルコムで2900円話し放題
ウィルコムでインターネットやり放題

Copyright © 2004-2007 @節約 all rights reserved.