@節約トップ > 冠婚葬祭の節約 > 写真・ビデオの節約

写真・ビデオの節約

カメラマンの節約

持ち込み料金を払っても外の業者に頼んだほうが安くあがることが多いので、比べてから頼みましょう。
でも、カメラやビデオは持ち込めないというところも多いようですね^^;
レストランウェディングならたぶんOKなところも多いのでしょうけど。

焼き増しは他で頼む

業者に頼むと馬鹿高いので、焼き増しは自分でやりましょう♪
そのために、なるべくネガを渡してくれるところに写真を頼みましょう。
でも、どうしてもネガなしになってしまう場合は、ネガなしでも焼き増しをしてくれるところもあるみたいなので事前に探しておくといいですね。

プロに頼まないで節約

miyuはビデオや写真はいらない!と思ってカメラマンは頼みませんでした。
でも、出席者に配る分は必要ですよね。
親戚との集合写真は、父親の一眼レフを借りてお店の人に撮っていただきました。
(余談:父の昔の趣味は写真でした。でも、miyuは写真下手。)

そして披露宴会場では、各テーブルに「ご自由に撮って下さい。撮った写真はあとで送ります」と書いて使い捨てカメラを置き、好きに撮ってもらいました。
変な写真も一杯撮れていたけど、みんなの楽しそうな姿が映っていたので良かったです。
今ならデジカメや携帯のカメラが普及してるからみんなの写真の腕があがっていて、もっといい写真が撮れるかもしれませんね。

友人をカメラ係りに任命

・・・実は、あんまりお勧めじゃないです。
一人に任せちゃうとその方が写真に時間を取られて食事も満足に食べられないなどという事態が発生しがちです。
事前に食事を別で用意しておいて、終わってから食べてもらうなどの配慮が必要です。
それと、お礼は弾んでね。



@節約TOPへ戻る | このページのTOPへ戻る

冠婚葬祭の節約 結婚式の節約・収支表
誰のための結婚式?
結婚式の節約・婚約編
ウェディングプラン編
衣装の節約
装花・ブーケの節約
新婚旅行の節約
都民共済・県民共済
引き出物の節約


Copyright © 2004-2005 @節約 all rights reserved.